×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

虚構作品ノート

◆A、A-、B+、B、B-、C、D、E、F(それぞれ、100点〜95点、94点〜90点、89点〜85点、84点〜80点、79点〜70点、69点〜60点、59点〜50点、49点〜40点、39点〜30点に対応している)の9段階と、不可を意味するX(29点〜0点に対応している)を合わせた10段階で構成されている。
◆雰囲気をもっとも重視するほか、複数の補正が入るため、項目合計でより低い作品が上位になることがある。(補正の理由の例としては、テレビ・ゲームでは特定のジャンル自体に対する評価が入ったり、音楽ではそれに関する思い出があったり、複数人で歌っている場合には平均したりといったものを挙げることができる。)



<<Back Top Next>>